待望の東寺展❤︎東京国立博物館

昨日から東京国立博物館で開催されている特別展「国宝 東寺−空海と仏像曼荼羅」に行ってきました。

実は東寺は京都の数ある寺院の中で一番好きなお寺!どうやら初めて訪れたのは10年前の様子↓(口調が若いな、やだ)
https://ameblo.jp/kaji-maya/entry-10309039946.html

五重塔が美しい東寺
これが東寺の講堂。とんでもなく大きいので入りきらない。

続きを読む →

バングラデシュ&インドでの浮世絵レクチャー

さて、今回バングラデシュを訪れたもう一つの目的。

それは、現地にある大学で日本語や日本文化を学んでいる学生さんたちに向けたレクチャーを行うことでした。バングラデシュでは文化交流サポーターの一環として在日本バングラデシュ大使館様からのお誘い。
今回は、私が江戸文化検定2級を持っていると言うことで江戸時代の浮世絵についてのレクチャーをさせていただきました。
続きを読む →

在バングラデシュ日本国大使館文化交流サポーター

2月末から3月にかけて、父の母国であるバングラデシュとインドに行ってきました。
今回の旅の目的は、現地にある大学で江戸時代のことについてレクチャーさせていただくことと、もう一つ、、


在バングラデシュ日本国大使館文化交流サポーターに任命していただくことでした!駐バングラデシュ日本大使の泉大使と。日本とバングラデシュそれぞれにお互いの国のことを紹介させていただきます。

その国に住む人々や文化を知ると言うことは、お互いを尊重することに繋がると私は思っています。
どんなに仲のいい友人とでも少し意見が合わなかったり、ムカつくー!って思っちゃうこと、誰しもあるじゃないですか。でもそんな時に相手のことをよく知っていたら
「まぁ、そんなこともあるよね。それでも私はあの子のこんな所が大好きだし。」
って優しい気持ちになれると思うのです。少なくとも見下したり敵視したりってことにはならないんじゃないかな、と。
国と国でもそれは同じじゃないかな。お互いのことをたくさん知っていたら、世界中に溢れている争い事がなくなるんじゃないかな。そんなに簡単な話でないのは百も承知なのですが、どんなに偽善的に聞こえても私は相手を知ると言うことが平和な世の中への第一歩だと思っています。(そんな大それた話ではないのですが。)そのお手伝いができたらいいな、と思います。

こんな私がどこまで貢献できるかは未知数で不安ではありますが、頑張って発信していきたいと思います。よろしくお願いします。

ダッカの街角で出会った花売りの女の子。言葉は通じなくても、笑い合えるね。

ただいま掲載中

現在位掲載中の雑誌です。
是非読んでみてくださいね。(画像クリックで飛べます)

anan 2019/01/16号 No.2134(マガジンハウス)
anan(アンアン) 2019/01/16号 No.2134 [私たちの時代を楽しもう!平成!LOVE/木村拓哉]

美術展完全ガイド2019 (晋遊舎)
【完全ガイドシリーズ231】美術展完全ガイド2019 (100%ムックシリーズ)

ジャパンクラス (東邦出版社)

JAPAN CLASS この星にニッポンがあってよかった!

よろしくお願いします^^

歴史について、旅について、徒然と。


こんにちは。かじまやです。
普段はモデルやタレントのお仕事をさせていただいています。

モデルを始めてはや10年。ふわふわと、自分のやりたいことをやってきました。会社勤めをしていたらできなかっただろうな、と言うことをたくさん経験してきました。
融通のきく仕事だったから、好きな時にふらっと旅に出れました。
国内外問わず、色々なところに出かけました。訪れた先で触れたモノ、コト、たくさんあります。
今まで、その時感じた気持ちは、ツイッター(@maya_kaji)やら旧ブログに小出しに綴っていました。メモ程度に。それでいっかな、と思っていました。

でも、最近、文章を書くお仕事をやらせていただく機会がありまして。ずっと好きだった日本史や美術について。
そうすると、書くのはとても大変なのだけど、一生懸命書いたものを読んだ方に褒めていただけると本当に達成感があってね。ちゃんとした文章を(ちゃんとした、かどうかは疑問だけれど)もっともっと書きたいなと思ったのです。
だからと言って、引っ切り無しに文章のお仕事が来るわけではないので笑
じゃあ自分で書く場所を作ってしまおう!と思ってこのページを作りました。(やっと経緯の説明が終わった!笑)

と言うわけで、ここでは私の訪れた場所、そこに関する歴史や文化、美術についてを国内海外問わず綴っていきたいと思っています。よろしくお願いします。

沖縄に行った時の一枚。 なんと一言一句、私の名前と同じ!!かじまやーとは、沖縄で97歳の長寿のお祝いのこと。